【2021年最新版】北九州のおすすめ結婚相談所を厳選比較で紹介!会員数やサポート内容・成婚実績の良い相談所をまとめました!

結婚相談所の3カ月ルールについて!ルールが存在する理由とは?

    

多くの結婚相談所では、「3カ月ルール」を採用しています。3カ月で結婚を決めるのは早すぎると思う人もいるかもしれません。しかし、会員を成婚まで導くことが仕事である結婚相談所が、無茶なルールを作る可能性は少ないでしょう。この記事では、3カ月ルールについての説明と採用している理由、会員が意識する点など紹介していきます。

3カ月ルールとは?

3カ月ルールというのは「お見合いをしてから3カ月以内に、結婚を前提とした真剣な交際をするかどうかを結婚相談所に意思表示をする」ことです。

結婚相談所により「結婚を前提とした交際」の部分を「成婚」または「婚約」などとしていることがあります。その場合は、成婚や婚約の意思表示をしたら成婚退会となるのがほとんどです。

いずれにせよ、3カ月ルールがあるときは、お見合いをした日から3カ月以内に決断しなければなりません。ただし結婚相談所によっては、意思表示のタイミングを最大6カ月まで延長できるようになっている場合があります。

このように、結婚相談所によって細かな部分が違っているのです。そのため、入会時には3カ月ルールがあることだけではなく、スタートの日の決め方や詳しい内容まで確認してください。

次に、多くの結婚相談所がなぜ3カ月ルールを採用しているのかについて説明します。

多くの結婚相談所が3カ月ルールを採用している理由

婚活において時間は貴重なものです。結婚相手を探すことが目的なので、結婚する意志が定かではない状態で、いつまでも交際を続けることは相手にとっても迷惑だといえます。また、会費も払い続けることになり費用もかさんでしまうでしょう。

お見合い後、お互いに結婚する意志がないのであれば、なるべく早く次の相手を探すことが結婚相談所の役目でもあるのです。以下で、3カ月ルールを多くの結婚相談所が採用している理由を説明します。

すべての会員が結婚を前提に考えているから

結婚を前提でお見合いをしたのに、真剣に交際する意思表示の確認がないまま時間が過ぎてしまい、結局別れてしまうのでは、お互いの貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。

すべての会員が結婚を前提として入会しているので、3カ月という決められた機関で結婚を決断することは逆にメリットになります。なぜなら、お互いが結婚を前提とするお付き合いに移るかどうかを、時間やお金の無駄がなく決められるためです。

お相手の情報をすべて知った上でお見合いをするから

知人の紹介やパーティなどで出会った場合は、お付き合いしながらお互いのプロフィールや家族構成などを徐々に知っていくことになります。

お付き合いしていくうちに、相手が既婚者だとわかることもあるかもしれません。また、知り合ってすぐに相手の収入や家族構成、結婚後の仕事や生活のことなどを聞くことは、なかなかできないものです。

結婚相談所ではお互いの年齢や資格、年収、家族構成などさまざまな情報をすべて知った上でお見合いをします。お互いの希望にマッチした人と会うので、3カ月あれば婚約や真剣な交際に移ることの決断は可能なのです。

担当のカウンセラーに相談できるから

相手に聞きにくいことがあったり、結婚に対する不安があったりすると、結婚の決断まで時間がかかってしまうかもしれません。そのような場合は、結婚相談所の担当カウンセラーに相談したり、相手にさりげなく聞いてもらったりできます。

結婚相談所によってはお見合いやデートのたびに報告し、アドバイスしてくれることもあるようです。担当カウンセラーに相談できるおかげで、3カ月以内にお互いの結婚の意思が確認しやすくなります。

3カ月で結婚成立を目指すために意識する点

3カ月は真剣に結婚を考える人にとって、決して短い期間ではありません。時間に制約があるおかげで、かえって成婚への可能性が高まるものです。

そこで、お見合いをした後、3カ月以内で結婚を成立させるには具体的にどうすればよいのでしょうか。ここでは3カ月で結婚成立するために意識する点を紹介します。

こまめに連絡をする

LINEやメールなどを利用してこまめに連絡を取り合うことで、お互いの興味や価値観などの共通点を見つけられます。それによって親密さが深まり、すれ違いも少なくなってくるでしょう。こまめな連絡は、お互いの仲を深めるために重要です。

2人が会う機会を増やす

連絡を取り合うだけでは、勘違いが生じてしまいます。3カ月で結婚成立を目指すためには、実際に会う機会を増やすことが重要です。週1回は会うようにするのが理想ですが、無理ならば2週に1回でも会うようにしてください。

そして、デートまでの間はこまめな連絡でフォローするとよいでしょう。ただし、相手のペースに合わせるという思いやりを忘れないようにしてください。

担当のカウンセラーのアドバイス

お付き合いしていくうちに、悩みや相談事が出てくるかもしれません。その場合は、担当のカウンセラーに相談するとよいでしょう。お付き合いの進み具合に応じて、アドバスしてくれるはずです。

 

交際開始から3カ月という期限を設けることで、お互いに結婚を真剣に意識して決断できるわけです。結婚相談所の3カ月ルールは、結婚の気持ちを決めるための大事な後押しとなってくれます。3カ月ルールをうまく活用して、時間とお金の無駄がない婚活をし、すてきな相手を見つけましょう。