【2021年最新版】北九州のおすすめ結婚相談所を厳選比較で紹介!会員数やサポート内容・成婚実績の良い相談所をまとめました!

トラブルを未然に防ぐ!悪質な結婚相談所を見分ける方法とは?

    

結婚相談所の中にはトラブルを起こしたり、法に抵触する言動を行ったりする悪質な業者もいます。そのような悪質な結婚相談所を見分けられると、安心して結婚相談所を利用できるはずです。そこでこの記事では、悪質な結婚相談所で起こりがちなトラブルや、悪質な結婚相談所を見分ける方法、信頼できる結婚相談所の見つけ方を紹介します。

悪質な結婚相談所で起きがちなトラブル

結婚相談所は特別な資格や免許、多額の資金は必要ないので、手軽に事業を始められます。そのため、この業界には信頼できる結婚相談所がある反面、契約や法律を守らない悪質な結婚相談所も存在してしまうのです。悪質な業者で起きがちなトラブルを紹介しましょう。

追加料金や高額な違約金の請求

結婚相談所の料金システムについては、事前に詳しく説明があるはずです。しかし、入会時にとくに説明がなかったはずの追加料金や、高額な違約金を後から請求してくる可能性があります。

成婚料の有無や支払うタイミングと金額、途中解約の場合の返金額、休会時の月会費などを、入会前に確認しておかないといけません。質問や確認をして担当者にあいまいな返答をされた場合は、入会しないほうが無難でしょう。

希望する相手を紹介してもらえない

入会しても希望する相手を紹介してもらえないというトラブルもよくあるケースです。また、もともと会員数が少なかったり、紹介数や成婚率などの数字を上げることばかりに力を入れていたりする結婚相談所もあります。

結婚相談所と連絡がつかない

事前に聞いていたサービス内容と違っており、確認や退会の連絡をしようとしても、結婚相談所や担当者に連絡がつかないというトラブルもあります。

その他のトラブル

その他のトラブルとして、「退会しようとしても、何かと理由をつけて退会させないように説得された」「無料相談会などでこちらが入会の意思がない場合でも、しつこく勧誘してくる」「休会の手続きをしたのに会費が引き落とされた」などがあるようです。

悪質な結婚相談所を見分ける方法とは?

スムーズに婚活をするには、悪質な結婚相談所を見分けなければなりません。悪質な業者の特徴はどのようなものなのでしょうか。

会員数が少ない

連盟や団体などに加入しておらず、会員数の少ない結婚相談所は避けた方が無難でしょう。この特徴に該当する結婚相談所は紹介できる会員が少ないので、希望する相手と知り合うことが難しくなります。

また会員数が少ないがために、退会させないように強引に説得される、高額な違約金を請求される可能性もあるのです。

身元を証明する書類を要求しない

結婚相談所に入会する際は身元確認をするため、「本人確認書類」「独身証明書」「収入証明書」などの書類を提出するのが一般的です。しかし悪質な結婚相談所の中には、提出書類が極端に少ないことがあります。

そして、そのような結婚相談所では既婚者が入会していたり、虚偽のプロフィールで登録している会員がいたりするのです。

その他

上記以外で悪質な結婚相談所を見分ける方法としては「料金体系が不明確で、説明があいまい」「スタッフの対応がよくない」「電話番号など連絡先が明示されていない」などがあります。退会させてもらえなかったり、金銭トラブルに巻き込まれたりしないためにも、信頼できる結婚相談所で婚活をしましょう。

信頼できる結婚相談所を見つけるためには?

ここでは、信頼できる結婚相談所の特徴や見つける方法などを紹介します。

団体や連盟などに加盟している

結婚紹介サービスの業界では信頼性向上のため、複数の業界団体が設立されています。代表的なものに「JMIC(ジェイミック)」「MCSA(マクサ)」などがあり、どちらも加盟会社の会員に対してお客様相談室を設けているようです。

また、JMICに加盟するには入会審査があり、MCSAでは結婚カウンセラー認定試験を実施しています。どちらかに加盟していれば、信頼性が高い結婚相談所だといえそうです。

また、多くの結婚相談所が加盟している連盟や団体に所属している場合も、信頼性があると考えられます。その場合は、所属しているそれぞれの結婚相談所の会員の紹介を受けることがあり、出会いのチャンスが広がるかもしれません。

マル適マークを取得している

「マル適マーク」は、結婚相談業に対して経済産業省が作成した認証基準(ガイドライン)に基づいて、「JLCA」や「ims」という認証機関が審査して発行されるものです。この認証マークを取得していれば、法律を遵守して運営している安全な結婚相談所として認められていることになります。

サービス内容や料金が明示されている

結婚相談所は特定商取引法の対象になっているので、契約の締結時などに重要事項を記載した書面の交付が義務付けられています。信頼できる結婚相談所なら契約内容や料金、中途解約、クーリングオフなどに関する事項が明記されているはずです。また、担当者がこちらからの質問に対して、的確に回答してくれるかどうかも重要なポイントといえます。

 

結婚相談所でのトラブルは少なくありません。この記事を参考に悪質な結婚相談所を見分けて、安心して利用できる結婚相談所を選んでください。また、悪質な結婚相談所によるひどいトラブルが発生した場合は費用や手間はかかりますが、弁護士に相談することになります。

万が一トラブルに巻き込まれた場合は、まずは最寄りの消費生活センターや消費生活相談窓口に相談するか、国民生活センターの消費者ホットライン(188)に問い合わせてみましょう。状況によっては弁護士の相談窓口の案内もしてくれます。